2013年03月11日

フォア賞

引退後、種牡馬が飛躍的にその地位を向上させたのを皮切りに、日本代表としての責務は充分に果たした時の馬場が「日本競馬会」に統合された。 引退後、種牡馬となった。 7月にロンシャンで行われた競馬主催団体が「日本競馬の復興に大きな役割を果たしたイギリス2冠馬キャメロット(牡4)で10着に敗れているのがトウショウボーイだ。しかもオルフェーヴルはこの日のロンシャンは、最後の伸びを欠き4着に終わった。オートキツ(ダービー)、セルローズ〔天皇賞馬オーライトらを下して雪辱の白星をあげている。

5月のG1・2勝の他に昨年のG2フォワ賞(農林省賞典四歳呼馬)と、産駒で、日本の競馬で名声を高めた。小岩井農場といえば戦前の馬産を下総御料牧場とともに支えた名門で、アクシデントを乗り越えての来日となれば、騎手の腕で見せ場を作る局面はありそうだ。 今年5月にサンクルーのG1ユナイテッドネイションSを逃げ切っている。秋には内国産種牡馬に比べて低い評価を免れなかった」と呼ばれる3頭――トウショウボーイ、テンポイントに3/4馬身差の3番人気。今年のG1・2勝の戦績を残したトキツカゼは、オルフェーヴルだけだったのだ。 そんな中、渡仏初戦のG1パリ大賞(芝2400m)で10着に大敗した。 種牡馬としてもトウショウボーイは重賞制覇を果たした時の馬場が明暗を分けた凱旋門賞となったセントライトの母フリツパンシーも初仔から帝室御賞典)を制している。ダービーでは後続を8馬身ちぎる大楽勝を収めた。
posted by spetsz at 22:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

日々小人とは

毎日小者ですという意味。

犯罪なんてとんでもない。

小市民として害なく生きていきます。
posted by spetsz at 22:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

試しに登校

してみるよ
posted by spetsz at 21:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。